マンガ・アニメーション科 ブログ(マンガ(漫画)・アニメ 専門学校)

クリエイティブを現場で磨く。



蒲田 八王子 2年制 マンガ・アニメ業界のプロをめざす人の情報ブログ クリエイティブラボ CG・アニメラボ マンガ・アニメーション科blog

マンガ・アニメーション科blog

2018年03月16日 日本工学院 卒業展2017!

皆さんこんにちは

3/9(金)~3/11(日)の間に、日本工学院全体で「卒業展」が行われました

八王子校全カレッジ全学科一斉に開催しました
今回はその様子を一部ご紹介します

IMG_5059


マンガ・アニメーション科では、
アニメーションコース、キャラクターデザインコース、マンガコースの卒業生達が一斉に作品を展示しました。
卒業制作として1年間かけて作って来た力作ばかりで、見ごたえ十分
かなり内容の濃い展示で埋め尽くされていました

IMG_5060
IMG_5061
IMG_5063


こうした展示を行い、来場したかたに観てもらうことで「制作」が完了します。
作品はやっぱり、作ったら沢山の人に観てもらわなければですから

IMG_5062
IMG_5064
IMG_5065


この卒業展は、毎年行っています
学生になったら、一度はこんな風に盛大に展示が行えますよ


それでは、今回はここまで
また次回までごきげんよう

日本工学院に興味がわいたら、オープンキャンパスへ!

n-04663750 at 15:33 | この記事のURL | |

2018年03月10日 アニメ作品上映会 in MOVIX橋本

ブログをご覧の皆さん、こんにちは

マンガ・アニメーション科では先日、神奈川県の
相模原市にある映画館「MOVIX橋本」で作品上映会を行いました。

八王子校としては初めての映画館を使用したイベントとなりましたが
結果は大成功となりました!本日はその模様をレポートしたいと思います

5番シアター前



午前中に集合した学生たちが入場すると、なんと
劇場の電光掲示板には「日本工学院アニメ科上映会」の文字が・・・
ふだんはハリウッド映画や国内の映画情報が表示されている場所ですから、
映画が好きでよく映画館にも来る学生にとってはとても
感慨深い演出となりました。

映画館でのイベントなので事前にポップコーンやドリンクを
買って楽しもうとする学生も。

全体図



今回のイベントは卒業期(2、4年生)の卒制作品上映が中心です。
約半年間の制作期間で、自分たちがこれまでに勉強してきたことの全てを
かけて完成させました。

間もなくイベント開始の時間となり、会場の照明が落とされます。
するといきなり学生たちが自主制作した「あの有名な某映画CM」の
パロディ映像が流れて会場には大きな笑いが起こりました。

そして大音量で自分たちの作品がダイジェスト化された本イベントの
オープニング映像が上映されると彼らの眼が一気に輝いたようでした。

学生たち01



さあ、いよいよ作品上映がスタートします
上映前には各作品ごとに監督が登壇し、あいさつを述べたあとに
作品を上映するスタイルです。
あたかも新作アニメ映画の完成披露試写会のようですね。

上映中はみんな、この映画館の大きなスクリーンと音響設備で
自分たちの作品が上映されていることにとても感動している様子でした。
バトルアクション、ヒューマンドラマ、コメディ・・・
様々な個性を持つ作品が上映されましたが、
彼らが長い間、色々なことを乗り越えて、成長してこの作品を完成させた
ことを考えると胸が熱くなります

講師講評



上映の間には普段学校の授業をして頂いている講師の先生方に
作品の講評をして頂きました。
今回はアニメ作画やデッサンの先生にお越し頂きましたが、
先生方も完成した作品のご鑑賞は初めてです。
講評は学生だからといって手加減はなく、
プロの作品に向けられるもと同様でした。
卒業後はもしかすると先生方と一緒に仕事をする機会も
あるかもしれませんから、学生たちのまなざしも真剣そのものでした。

集合写真01


約2時間のイベントでしたが終わってみるとあっという間でした。
学生たちも緊張がとけ、笑顔でイベントを振り返る会話があちらこちらから
聞こえてきました。
「自分たちが作ったアニメ作品が映画館で観賞できる」
シンプルな内容ですが、最高の環境でそれが達成できるというのは
大きな成功体験になったのではないでしょうか。
これからアニメ業界で活躍する学生たちにとって
意識をより高めるきっかけになったのではないかと思います。

映画泥棒
モーデン閣下


おまけ
某泥棒のコスプレ。
そして監督自ら作品のキャラクターに扮したコスプレ
(「命名:モーデン閣下」)です。

会場を最高に沸かせてくれてありがとう!


それでは、今回はここまで
また次回までごきげんよう


日本工学院に興味がわいたら、オープンキャンパスへ!

n-04663750 at 18:11 | この記事のURL | |

2018年02月26日 マンガコース特別講義-世界観の作りかた-

みなさまこんにちは

今回は先日行われた、マンガコース特別講義の様子をお届けします

001


今回は、マンガ家の【柳葉あきら先生】をお呼びして、“世界観設定”の特別授業をして頂きました

マンガを描く前に考えること…キャラクターやらストーリーやら色々とありますが、その中でも大事なのが“世界観”です。
ファンタジー作品などを描くときには特に重要になりますが、そのキャラクター達はどんな町に住んでいるのか?
また、その町はどんな風に作られた町なのか?風習は?建物の素材は?どんな人たちが暮らしているのか?
などなど、設定は考えれば考えるほどストーリーに雰囲気や臨場感を生むことに繋がります

003

002


現実にある建物が、どの様な風習や目的・理由で作られてきたかを聞き、その上で創作にどうやって役立てるか、非常に丁寧に実用的に解説して頂きました

その上で、ペーパークラフトを用いて実際にグループで町を作ってみようという、実習も行いました

DSC00185
IMG_5009
DSC00190


実際に作ったあとは、グループでその町の解説をします。

「この町は平和な町です。周りの町との交易を考えて、人が入りやすくしました。」
「この町は防衛に力を入れました。どこから敵が攻めて来ても大丈夫です。」
「この町は高さを求めました。高さとは繁栄の象徴であり、技術力を誇示することで軍事抑止力にもなり―」
などなど、個性的な町ばかりできて、終始笑いと発見の絶えない講義になりました

柳葉先生、ありがとうございました

このように在学中は、制作に必要な刺激や知識を特別授業という形で実施していきます
様々な刺激を適度に入れていくことにより、学生の新しいストーリーの構築や制作の助けにしてもらっています



それでは、今回はここまで
また次回までごきげんよう


日本工学院に興味がわいたら、オープンキャンパスへ!

n-04663750 at 16:54 | この記事のURL | |

2017年12月13日 校外実習 -三鷹の森 ジブリ美術館-

みなさまこんにちは

今回は12月6日、7日、8日に行ってまいりました「三鷹の森ジブリ美術館 見学会」の様子をご紹介します

IMG_4532


三鷹の森にあるこのジブリ美術館、内部は門外不出・写真撮影NGだったため感想のみになりますが。
宮崎監督の歴史を感じる制作物がギッシリと詰まっていて、実に心地よい刺激が走りました。
その他、監督の遊び心が細かに散りばめられていて微笑ましくもありました。


迷路のようになっていてちょっとした目的地に行くのに少し苦労したりもしますが
しかし迷った先には思わぬ出会いが…
IMG_4498

IMG_4533



見どころはまず、宮崎先生らジブリスタッフさん達の絵コンテや実際に使われていた資料、仕事場が飾られている展示場です。
ほとんどの学生たちのお目当てはこの展示場だったようで、そこから沢山の刺激を受けていました

そして、ちょうど開催終了間際だった「食べるを描く。」展です
普段何気なく行っている「食べる」という事は、描こうとすると案外難しく難解です。
そんな難しい「食べる」事にジブリが着目した展示場には、沢山の驚きと発見がつまっていました。
ジブリ作品に登場したあんな食べ物からこんな食べ物までが絵やオブジェとして飾られていて、感動と空腹を呼ぶ展示でした

IMG_4534
IMG_4537



童心に戻る気持ちも感じられ刺激の多い充実した1日でした!


それでは、今回はここまで
また次回までごきげんよう


日本工学院に興味がわいたら、オープンキャンパスへ!

n-04663750 at 16:25 | この記事のURL | |

2017年11月17日 11/19 アニメ作画体験! 卒業生アニメーター来校!!

みなさんこんにちは

突然ですが、
某アニメスタジオで数々のテレビアニメに携わった卒業生アニメーターが来ます

【11/19(日) アニメコース体験入学】
オリジナルキャラクターの動きの始まりと終わりの絵を元に、間の絵を描いていく「中割り」の実習を行います。
現役アニメーターから直接指導を受けながら、自分の描いた絵が動く楽しさをぜひ味わってください。
ペンタブレットでアニメをつくるデジタル作画の体験もできますよ

対象:高校生/既卒者(社会人・大学生ほか)/留学生 


明後日となりますが、興味があるかたはぜひお越しくださいね


オープンキャンパスの情報はこちら!

n-04663750 at 12:28 | この記事のURL | |