マンガ・アニメーション科 ブログ 個別記事(マンガ(漫画)・アニメ 専門学校)

クリエイティブを現場で磨く。



蒲田 八王子 2年制 マンガ・アニメ業界のプロをめざす人の情報ブログ クリエイティブラボ CG・アニメラボ マンガ・アニメーション科blog

宮地昌幸さんの特別講義が行われました。

2017年01月20日 宮地昌幸さんの特別講義が行われました。

12月16日(金)にアニメーション監督の宮地昌幸さんによる
特別講義が2年生対象にて行われました。

宮地さんは『千と千尋の神隠し』(監督助手)にも携わった
スタジオジブリ出身者でもあります。ご自身の監督作品では、
劇場アニメ『伏 鉄砲娘の捕物帳』『亡念のザムド』があり、
多くのテレビアニメ作品の絵コンテ・演出を手掛けるなどの
活躍をされている方です。

初めに、宮地さんから絵コンテとは何か、絵コンテの読み方や
書き方の説明がありました。
アニメを専攻している学生にとっても、キャラクターデザインや
マンガを専攻している学生にとっても為になるお話でした。

今回は事前に学生へ課題を出し、絵コンテの台詞と演出を
書いてもらいました。
その中で宮地さんが気になった絵コンテをいくつか選び、全体で
講評して下さいました。

講義に参加した学生からは以下のような感想が寄せられています。

DSC_0957


・演出や絵コンテについて日常的に考える機会がないので、
今回の講演を聞いて凄く勉強になりました。他の方の絵コンテを
見て、同じ絵なのにここまで考え方が違うものなのかと驚きました。

・絵コンテ・演出とは何かについては、とても貴重な内容でした。
映画や小説を観たり読んだりすることはありますが、作り手の
視点で観ることはあまりありませんでした。今回のお話を聞いて、
これからは意識して観ようと思いました。

・コンテの読み方など、今後業界に入る上でとても為になるお話を
聞けて良かったです。
他の学生のコンテを見ながらの講評は、自分では思い浮かばない
ような発想や演出ばかりで良い刺激になりました。
全部見たかったです…!

今回講義をしてくださった宮地監督、本当にありがとうございました。


n-04663750 at 15:43 | この記事のURL | |