マンガ・アニメーション科 ブログ 個別記事(マンガ(漫画)・アニメ 専門学校)

クリエイティブを現場で磨く。



蒲田 八王子 2年制 マンガ・アニメ業界のプロをめざす人の情報ブログ クリエイティブラボ CG・アニメラボ マンガ・アニメーション科blog

アニメ作品上映会 in MOVIX橋本

2018年03月10日 アニメ作品上映会 in MOVIX橋本

ブログをご覧の皆さん、こんにちは

マンガ・アニメーション科では先日、神奈川県の
相模原市にある映画館「MOVIX橋本」で作品上映会を行いました。

八王子校としては初めての映画館を使用したイベントとなりましたが
結果は大成功となりました!本日はその模様をレポートしたいと思います

5番シアター前



午前中に集合した学生たちが入場すると、なんと
劇場の電光掲示板には「日本工学院アニメ科上映会」の文字が・・・
ふだんはハリウッド映画や国内の映画情報が表示されている場所ですから、
映画が好きでよく映画館にも来る学生にとってはとても
感慨深い演出となりました。

映画館でのイベントなので事前にポップコーンやドリンクを
買って楽しもうとする学生も。

全体図



今回のイベントは卒業期(2、4年生)の卒制作品上映が中心です。
約半年間の制作期間で、自分たちがこれまでに勉強してきたことの全てを
かけて完成させました。

間もなくイベント開始の時間となり、会場の照明が落とされます。
するといきなり学生たちが自主制作した「あの有名な某映画CM」の
パロディ映像が流れて会場には大きな笑いが起こりました。

そして大音量で自分たちの作品がダイジェスト化された本イベントの
オープニング映像が上映されると彼らの眼が一気に輝いたようでした。

学生たち01



さあ、いよいよ作品上映がスタートします
上映前には各作品ごとに監督が登壇し、あいさつを述べたあとに
作品を上映するスタイルです。
あたかも新作アニメ映画の完成披露試写会のようですね。

上映中はみんな、この映画館の大きなスクリーンと音響設備で
自分たちの作品が上映されていることにとても感動している様子でした。
バトルアクション、ヒューマンドラマ、コメディ・・・
様々な個性を持つ作品が上映されましたが、
彼らが長い間、色々なことを乗り越えて、成長してこの作品を完成させた
ことを考えると胸が熱くなります

講師講評



上映の間には普段学校の授業をして頂いている講師の先生方に
作品の講評をして頂きました。
今回はアニメ作画やデッサンの先生にお越し頂きましたが、
先生方も完成した作品のご鑑賞は初めてです。
講評は学生だからといって手加減はなく、
プロの作品に向けられるもと同様でした。
卒業後はもしかすると先生方と一緒に仕事をする機会も
あるかもしれませんから、学生たちのまなざしも真剣そのものでした。

集合写真01


約2時間のイベントでしたが終わってみるとあっという間でした。
学生たちも緊張がとけ、笑顔でイベントを振り返る会話があちらこちらから
聞こえてきました。
「自分たちが作ったアニメ作品が映画館で観賞できる」
シンプルな内容ですが、最高の環境でそれが達成できるというのは
大きな成功体験になったのではないでしょうか。
これからアニメ業界で活躍する学生たちにとって
意識をより高めるきっかけになったのではないかと思います。

映画泥棒
モーデン閣下


おまけ
某泥棒のコスプレ。
そして監督自ら作品のキャラクターに扮したコスプレ
(「命名:モーデン閣下」)です。

会場を最高に沸かせてくれてありがとう!


それでは、今回はここまで
また次回までごきげんよう


日本工学院に興味がわいたら、オープンキャンパスへ!

n-04663750 at 18:11 | この記事のURL | |